MBA取得にはどれくらいの費用がかかるだろうか?履修期間はどれくらい? - いくら費用がかかるの?MBA取得の凄み

いくら費用がかかるの?MBA取得の凄み

MBA学位取得を目指しているという方もいらっしゃるでしょう。
今では日本国内での認知度も高まり、人気もまた高まっているものではありますが、実質的な費用という部分について気にされている方も多いのではないでしょうか。
ここでは、それぞれの特徴を含め費用などについて見ていきたいと思います。

海外留学というスタイル

海外に留学をして学位を習得するというのがこの方法になります。
平均していうと、おおよその費用トータルが1000万円から2000万円前後となります。
学位習得の方法は4つありますが、その中でも最も高いのがこの選択肢になると思います。
なお、履修期間は1年〜2年となっています。
海外で生活をしながらというスタイルですので、日常的な英会話などが出来ないと難しいといえるでしょう。
また、現在お仕事をされている方であれば一次休業ないしは退職などをしていただく必要性も出てくるものとなります。

国内全日での習得

現在のお仕事を休職もしくは退職をして日本国内で学位を習得するという方法になります。
おおよその費用においては200万円から500万円前後となっています。
前述のものと比較をすると随分とお安いようにも感じますが、この費用を支払った上で学生として生活をしていけるかどうかがポイントとなるでしょう。
なお、履修期間は1〜2年となっています。

国内で仕事をしながら学位習得を目指す

休日や夜間のビジネススクール若しくは専門職大学院に通って習得するのがこの方法となります。
おおよその費用は150万円から400万円前後となるでしょう。
選ぶスクールなどによっても金額差がでてくることと思います。
効率的な方法ではあるものの、両立をしていくのは難しいとの声も多いのでしっかりとプランをたて検討をしていただくことが大切といえるでしょう。
履修期間は1年〜2年となっています。

通信制度を利用する

ukfyylfi
仕事を続けながら、インターネットを利用したオンライン教育・通信教育で学位を習得するものとなっています。
おおよその費用においては260万円から350万円前後となっており、履修期間は通信という特性上「最短で」1年〜2年となっています。
自由度が高く、気軽に取り入れられるというイメージもありますが、強い計画性などが求められることもあるでしょう。

費用についてプランが立てられないという場合

費用とプランのバランスについてよく分からない・第三者の意見を聞きたいなどという場合は、相談を受け付けている窓口もありますので相談をしてみると良いでしょう。
また、一部企業においては、福利厚生の中に取り入れられている場合もありますので調べてみると良いでしょう。
ポイントは、支払える金額かどうかというものばかりではなく「その上で生活を続けられる・勉学を続けられるかどうか」という点が非常に重要となってくるでしょう。

その他真摯さ基準などについて

費用面はもちろんですが、スクールにおいては入学するのにGMATやTOFELで指定された基準をクリアすることや英文でのエッセイ提出などいくつかの審査をクリアしなくてはなりません。
ですから、ベースの知識というものもある程度は必要となってくるでしょう。

今では履修者も多い

実際にMBA学位習得に向けて履修している方や、将来を見据えて希望されているという方も多いものとなっています。
説明会なども頻繁に開かれていますので、まずは基本的な知識を身につけておくと良いでしょう。

新着情報

◆2016/02/12
いくら費用がかかるの?MBA取得の凄みの情報を更新しました。
◆2016/02/08
運営者情報を新規投稿しました。
◆2016/02/08
通信制MBAは意志が必要の情報を更新しました。
◆2016/02/08
海外留学でMBAを取得するの情報を更新しました。
◆2016/02/08
国内で集中した環境を作るの情報を更新しました。